主人にも試してもらいました

うちの主人は若白髪で30代のころから白髪が目立つようでした。私は初めて主人にあったとき、金髪だったので驚いたことがあります。あとで聞いたら「白髪が多くて茶色く染めていたら色が抜けてきて金髪っぽくなったんだよ」といっていましたが。

主人の髪は伸びてくると天然パーマが入っていて、もしゃもしゃのキャベツ頭になってきます。伸びかけの頭髪に利尻ヘアカラートリートメントのブラックを試してもらうことにしました。実際にトリートメントを使う前の主人の頭髪も写真を撮影しておきました。あとで違いを見て下さい。

さて早速、お風呂に入ってシャンプーしてもらいました。その後、軽くタオルドライの後、利尻ヘアカラートリートメントのブラックのボトルを渡しました。

主人「手で直接つけてよいの?」

ビニルの手袋をはめてもらおうと思ったけれど、手が大きくて入りませんでした。

私「すぐ落ちるから大丈夫だよ」

男の人だからイイかなと思いましたが、その後がタイヘンでした。うちのお風呂の鏡は古くて小さくて見づらいのでよくわからないらしく、額や、もみあげの所まで真っ黒になってしまい、見ているこっちが吹き出しそうな顔になりました。仕方がないので、使い捨てのヘアキャップをかぶってもらおうとしたら頭が大きくて入りませんでした。とほほ・・

主人「なんか、いい方法ないの!」

と怒り出しそうでしたので、あわてて市販のヘアマニュキアに入っていたブラシを持ってきました。それに利尻ヘアカラートリートメントのブラックをつけて髪全体にまぶす事ができました。額やもみあげ部分の皮膚についた所はすぐ洗い流してもらいました。

主人「ホントにすぐ落ちるし、イヤなにおいもないね。」

さて、待つこと15分、結果はどうでしょうか。

*うまく染まったかな?

利尻ヘアカラートリートメントをすすぎ流してから主人に聞かれました。

主人「普通の毛染めだと、このあとシャンプーするけど、これはいいの?」

私「リンスのようにトリートメントするタイプだから、きれいにすすげば終わりだよ。」

主人「ふーん、簡単なんだね。」

さて、お風呂上がりに乾かしてもらって早速写真を撮りました。主人の白髪は額の上、前の方の頭が白く、後ろの方は比較的少ないようです。

頭頂部からも撮影してみました。白いところが濃いグレーになっていますね。

今度は少し顔をあげてもらって前髪の部分です。だいぶ全体に黒くなって、白い部分がグレーになったのがおわかりでしょうか。髪も天然パーマのところがまとまっていい感じです。(普段はどうもリンスしていないみたいです。)

主人「毛染めに比べたら準備が簡単だし、1回でこれだけ染まればいいねぇ。」

と満足そうでした。でも利尻ヘアカラートリートメントは、やはり直接手に取るよりブラシか手袋は使った方がいいですね。

 

次のページ姉へ⇒

 


自然派clubサスティ 田中さんの開発秘話
無添加 利尻ヘアカラートリートメント【公式】

北九州市 西川さん(30代)の感想⇒利尻ヘアカラー 公式サイト

Copyright (C) 利尻ヘアカラートリートメント←私の率直な感想と画像公開!. All Rights Reserved.